total

today

yesterday

自然館ご案内

雨竜沼自然館の中は・・・

雨竜沼自然館には、自然写真家岡本洋典氏が30年に及ぶ年月を費やし 撮影して来た膨大な作品の中から、代表的な作品約130点を展示しています。
どの作品にも解り易い解説が付いていますので、一巡する事で雨竜沼湿原の 四季の経過を理解する事が出来ます。

標高850mの溶岩台地に広がる雨竜沼湿原

雨竜沼自然館内部

最大2m×3mの大作品から、床下に広がるエゾカンゾウの大群落作品、実寸大の植物をイメージさせる床面の立体展示、登山道や湿原に暮らす動植物の数々、 湿原の成立ちや湿原が抱える問題点、未来へ向けた保全を訴える資料展示等。 雨竜沼湿原を知る為の視覚的なステージが見事に構築されています。

写真とテキストだけではなく、格納された200インチ大スクリーンに定期的に上映される雨竜沼湿原の四季の映像と心休まる音楽は、既存のビジターセンターや写真ギャラリーでは得られない新鮮な映像空間を提供しています。

標高850mの溶岩台地に広がる雨竜沼湿原

カウンター

毎月1度開催される湿原公開講座や講演会、音楽会など、雨竜沼自然館では多彩な湿原啓蒙・学習・体験する為のプログラムが実践されます。ラムサール条約が推進するワイズユースやサスティナブルユースを実現する活動の拠点として、今後の利用が期待される施設です。

販売コーナーでは、世界に雨竜沼湿原を紹介して来た岡本洋典氏のミニフォトフレームや多数の写真集、自然ガイド、ポストカード、DVDなど。自然館でなければ購入できないフォトグッズが多種販売されています。特に50種に及ぶポストカードや自然館開設に向けて制作されたDVD「雨竜沼湿原・季の詩」は大好評です。今春北海道新聞社出版された自然ガイ
ド「雨竜沼湿原」も、最新の雨竜沼情報を満載した湿原登山の為の必須アイテムとして好評発売中です。

  • 07/27 beta版を公開します。